腎臓病患者のための食事療法|バランスを考えよう

介護

ポイントや塩分制限

和食

腎臓病の食事療法で重要なことはエネルギーの確保とたんぱく質と塩分の制限です。食事療法の目的としては、腎臓の負担を減らし、病気の進行を遅らせることです。塩分制限のコツとしては調味料に注意することです。減塩の調味料を使うことも有効です。

詳しく見る

腎臓の病気を改善する

介護

食事療法が必要な病気は数々ありますが、腎臓病もその1つです。症状を改善するためにはタンパク質の摂取を抑えたり、塩分やカリウムの摂取を制限したりといった工夫が必要になります。最近では栄養バランスを調整した宅配食なども出回っており、利用すると便利です。

詳しく見る

楽しむ工夫

料理

腎臓病の方でも食事を工夫することで、食事を楽しむことができます。具体的にはまず食事に四季を取り入れることです。積極的に食卓に取り入れることで、楽しい食卓になります。また彩りも重要で、香辛料やハーブを使うことが効果的です。

詳しく見る

進行を抑えるために

女性

注意すべきことは

腎臓病は悪化すると人工透析を開始しなければならなくなります。透析を開始すると一日の水の摂取量に制限がついたり、病院に通ったりと患者は大変な負担を負うことになるのです。そうならないためには、普段の食事に気をつけると良いでしょう。まずは、塩分を控えること。たんぱく質を抑えることも重要です。だからといって、ただ食事の量を減らせば良いということではありません。しっかりとエネルギーを摂取しなければかえって体調に悪い影響が出てしまいます。バランスの取れた食事をとるように心がけましょう。インターネットや本屋で腎臓病のためのレシピがたくさん見つかるので、それを参考にすると安心です。病院には管理栄養士がいるので栄養指導を受けると個人に合った食事のとり方を教えてくれます。

特徴的な食材

腎臓病に良いとされている食材は、ごぼうや大根などの根野菜、ひじきや昆布などの海藻類が挙げられます。その他には豆類やイモ類も特徴的です。しかし、イモ類や野菜の中にはカリウムを多く含んだものがあります。腎臓病ではカリウムの摂取量にも気をつけなければいけないのです。では、その食材は食べてはいけないのかというとそうではありません。イモは小さく切り、大量のお湯で湯でこぼす事によってカリウムの量を減らすことができます。ほうれん草などの野菜も湯でこぼした後に水にさらすことによって同様の効果が得られます。バナナやグレープフルーツもカリウムの含有量が高く調理的な工夫も難しいので注意が必要です。たんぱく質を抑えるためには肉よりも魚のほうが良いでしょう。