腎臓病患者のための食事療法|バランスを考えよう

介護

腎臓の病気を改善する

介護

全身の健康に関わる臓器

糖尿病や高血圧症などの生活習慣病を発症した場合、食事の際に特定の栄養素の摂取を控える指示が医師から出されることがあります。これをいわゆる食事療法と言いますが、この治療法は必要に応じてさまざまな病気に適用されます。その1つに、腎臓病があります。腎臓病は腎炎や腎不全など腎臓に関わるさまざまな病気の総称ですが、簡単に言えば腎臓の機能が低下することです。腎臓は体内の老廃物を尿と一緒に排出したり、血液のphを一定に保ったりといった重要な役割を担っていますが、この機能が衰えると全身の健康に大きな影響が出る恐れがあります。腎臓病にかかる食事療法は、当然ながら腎臓に対する負担を軽減する目的で行われます。最近では腎臓病患者向けに特化した宅配食サービスなども登場しており、治療の助けになるとして人気を呼んでいます。

日々の献立を通じて改善を

腎臓病に対する食事療法はそれぞれの症状に応じて医師の指示の下に行うものですが、基本的な特徴としては低タンパクを心がけるという点が挙げられます。タンパク質は筋肉を動かしたりする際の基本的なエネルギー源となりますが、消費すると腎臓からしか排出されない老廃物を生み出します。低タンパク食はこれを防ぐ目的があります。ただし単純にタンパク質を減らしただけだとエネルギー不足におちいってしまうので、糖質や脂質など他の栄養素で補う必要があります。つまり総摂取カロリーは維持しつつ、タンパク質の占める割合を減らすといった工夫が必要になるのです。その他、症状によってはナトリウム(塩分)・カリウム・水分などの制限が必要な場合があります。症状改善のためには医師の指示を守り、日々の献立への細かな配慮が必要になります。