腎臓病患者のための食事療法|バランスを考えよう

介護

楽しむ工夫

料理

全体的な概要など

腎臓病の食事はたんぱく質や塩分の制限などがあり、食事が楽しみにくいです。食事は毎日の生活の中でも大きな楽しみの1つでもあります。たんぱく質や塩分の制限は病気の進行を遅らせる上で重要な役割を担っています。そのため継続的に取り組む必要があります。腎臓病の食事療法の場合、食べてはいけない食品が多くあるわけではないため、工夫することで、食事を楽しむことができます。まずは季節感を大事にすることです。四季は日本人には大事な文化であるため、積極的に食卓に季節感を取り入れて楽しむと良いです。身体に優しく、かつ旬の味を楽しむことが出来るので、意識してみましょう。また食器選びも重要になります。腎臓病の場合は食べ物の摂取量も少なくなるため、少しでも食卓を賑やかにするのに食器選びは重要です。

ハーブなど

また彩りも重要になります。特に野菜は緑や赤など様々な色のものがあるため、効果的です。野菜にはカリウムが多く含まれているため、摂取する場合は事前に茹でておくとカリウムを減らせます。野菜を茹でる際は、小さくカットしておくと、よりカリウムを減らすことが可能です。さらに香辛料にも様々な色があるため、食卓の彩りを良くすることが可能です。香辛料は塩分を減らすためにも効果的で、腎臓病の食事にはおすすめのアイテムです。またハーブ類も調味料の代わりに使うことができます。具体的にはしそがあります。しそには特有の香りがあるため、調味料の量を抑えることが可能です。細切りにして薬味としたり、そのまま付け合せとすることができます。色もきれいで、食卓を彩ります。