目立たないと話題の裏側矯正を受けてみよう

細やかな矯正ができるので安心

裏側矯正は金属製の器具を用いる方法であり、他の矯正方法と比較して数ミリ単位で矯正ができるというメリットを持っています。微妙な歯列の乱れが気になるという人にぴったりでしょう。また、舌が出がちというクセも治せるので、舌の通常の位置が気になるという場合にも裏側矯正は役立ってくれます。

矯正にはどのような方法があるの?

院内

ケアが楽になるマウスピース矯正

裏側矯正を受けるにあたって注意しておきたいのは、汚れが溜まりやすいという問題です。虫歯になってしまっては勿体ないため、ブラッシング方法を見直すなど注意を払っておきたいところでしょう。マウスピース矯正は取り外しが可能なので、楽にブラッシングをしたいという場合に選択肢に入れておくのもいいかもしれません。

費用が抑えられる表側矯正

歯列矯正を受けるにあたって気になるのが費用です。予算を超えてしまうと思ったようなケアが受けられません。表側矯正が特に費用面で易しいといえますが、それに対し器具が目立ちやすいというデメリットを持ち合わせています。しかし、器具が目立たないように改良も重ねられているようなので、以前と比べて選ばれやすくなっているでしょう。

審美ブラケットなら金属アレルギーでも対応

小型化された金属製のブラケットでも抵抗があるという場合は、審美ブラケットも候補にいれておいた方がいいでしょう。樹脂のマウスピースと比べて多少は目立ってしまいますが、器具部分は透明であり、マウスピースと比べて費用も抑えられるというメリットを持っています。

目立たないと話題の裏側矯正を受けてみよう

歯

1ヶ月に一度くらいの頻度で通院

歯列矯正を受けるとなれば、定期的な通院が必要です。医師によるチェックや調整を通してベストな歯列へ導いてもらえます。そこで重視されるのが通院のしやすさです。自宅や職場など生活圏内にある歯科であれば相談がしやすいでしょう。越谷市には様々な歯科があります。人気の傾向を踏まえ安心して通いやすいところへ絞り込んでおくことが大事です。

医療器具

矯正方法によっては滑舌が変わる

越谷市には矯正治療を扱う歯科が多くあります。相談がしやすいと評判も寄せられているので、歯並びに関する悩みを解決しやすいでしょう。なお、矯正治療を受ける人が抱える悩みといったら滑舌への影響です。特に裏側矯正となると舌が引っかかってしまうため、発音がこもったりするかもしれません。接客など会話が多い職業の人であれば、マウスピース矯正など舌の引っかかりの問題が回避できる矯正方法を選ぶことが多いでしょう。

慣れによって矯正の違和感は弱まる

歯列矯正に関しては違和感があり、治療に抵抗を感じる人もいるでしょう。なお、ほとんどの矯正方法に共通して1ヶ月ほどで慣れるといわれています。完全に矯正が完了するまで3年かかる場合がありますが、ずっと痛みや異物感に悩まされることがないため、さほど気にすることはなさそうです。